[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”

自分からSOSを発信できず、体はガリガリに…「私がいていい場所じゃない」

「その数日後、『頑張ろうよ』と私のために先輩が手作りのケーキを作ってきたんです。その後も、『今日は声が出てないよ』『今日は出ていたね』と、ことあるごとにチームメートは気に掛けてくれました。体育館に一歩入ればめちゃめちゃ怖い先輩が、そうやって励ましてくれたのがうれしかった。

 当初は監督や先輩たちにポンコツのように言われ、自分がチームにいる意味がないと腐ることもあったけど、愛情をもって指導してもらっていることに気づけた。本当に素晴らしいチームメートに恵まれたと思います」

しかし、「一人でいるほうが楽で、人と距離をおきたがるタイプ」という迫田は、その後も自分からSOSを発信することはなかなかできなかったという。

「東レでも全日本でも新しい環境に身を置くたびに『私には無理だ』『私がいていい場所じゃない』という気持ちになっていました。思えば、当時、リーグが始まると体がガリガリになっていた。メンタル面の影響が体に出ていたんですね」

 そんな迫田にチームメートやスタッフは「一人になるな」としつこく繰り返したという。“いっぱいいっぱい”だった彼女に、助け船は、常に用意されていた。

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集