[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

8度の手術を経験した「松坂世代」右腕 度重なる復活の裏に“逆転の発想”

20160803_tateyama2
近藤 俊哉●写真 photo by Toshiya Kondo

考えることは「苦」ではない、「しょっちゅうくだらないことを考えている」

 考えるということ。

 もともと、野球エリートではない。日大藤沢高時代、松坂大輔の好敵手であった彼は日大からドラフト3位でヤクルト入り。右ヒジの手術を経て初勝利をつかんだのは、プロ入り3年目だった。サイドスローへの転向、多彩な球種など必要なものはないかと己に問いかけ、自分を変化させていった。

 ただ、館山にとって考えることは「苦」にならない。野球を楽しもうとしているからこそ、新しい発見に出会うのかもしれない。

「僕の場合、しょっちゅうくだらないことを考えています(笑)。いろんな人との会話のなかで、ふざけたことを言い合いながらもヒントがあったりする。遊び半分で取り入れてみて、いいなと思ったら勇気を持って使ってみるとか。野球を好きで始めて、まだまだうまくなれるんじゃないかって思っているので、野球のことを考えるのはとても楽しいですね。

 たとえばこれまで抑えてきたバッターに決勝打を打たれたら、ようやくやっつけたと思っているんだろうなとか、相手のスコアラーさんは今日きっとおいしいお酒を飲んでいるんだろうなとか、そういうことを考えたりもします。考えて楽しんでいる場合じゃないんですけどね(笑)。まあでも、勝ったらうれしいし、負けたら悔しい。仮に負けたとしても、次にやり返せるチャンスが巡ってくるわけじゃないですか」

 彼はそう言って、フッと笑った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集