[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エースの移籍に思う子供の「進路選択」 選手を成長させる“最適な環境”とは

思わぬ知らせに、ソファーに座っていた僕は立ち上がって驚いた。ユリアンとは、僕が指導するU-15チームのエースで、絶対の信頼を寄せていた選手だったからだ。今季のキャプテン候補でもあり、そんな素振りを全く見せていなかったので、最初は何かの間違いだと思ったほどだ。

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――キャプテン候補の思わぬ移籍

 夏休みに入って1週間後、突然クラブのユース責任者から連絡があった。

「ユリアンが移籍することになった」

 思わぬ知らせに、ソファーに座っていた僕は立ち上がって驚いた。ユリアンとは、僕が指導するU-15チームのエースで、絶対の信頼を寄せていた選手だったからだ。今季のキャプテン候補でもあり、そんな素振りを全く見せていなかったので、最初は何かの間違いだと思ったほどだ。

 本人に連絡を取ってみると、SVバイルというU-15・2部リーグに所属する強豪クラブの練習に参加し、受け入れが認められたと明かしてくれた。

「連絡が遅くなってごめんなさい。でも、いろんなことが一気に動き出して、すぐに決断しなきゃいけない状況になっていたんだ。キチ(著者の愛称)のトレーニングはいつも楽しかった。でも、ここでは僕のやりたいサッカーはできないと思ったんだ。だから、挑戦したい」

 ユリアンはU-13の頃にはスイスリーグ1部の名門クラブ、FCバーゼルのサポートトレーニングにも招待されていたほどの選手。でも性格的にとても奥手で、自己主張する周りの選手と上手く合わずに、自分のプレーを披露しきれないことも多かった。たぶん、ずっと悩んでいたのだ。

1 2 3

中野 吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集