[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「半月板損傷=手術」じゃない “第3の治療”再生医療でスポーツ界の常識は変わるか

シーズン残り1か月で負傷すれば、シーズン後に手術を遅らせることも可能

「秋本さんの場合、動きを実践できないことは仕事ができないことを意味する。完全に治せなかったとしても、どうしても手術が今できないという人が、手術をするまでの期間を延ばすことはできる」と言い、こんな例を挙げた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 Jリーガーがシーズン残り1か月で半月板を損傷した。しかし、優勝を争う時期。手術は避けられなくとも、PRP注射により一定の回復が見込めれば、試合に出ることはできる。結果として、シーズンを戦い抜いた後で手術を受け、来シーズンに備える。それは野球、バスケ、ラグビーなどのスポーツでも置き換えられることができるだろう。

「手術を避けられなくても、少しでも膝の状態を良くすることはできます。現状は保険が利かず、15万円という費用はネックになる。ただ、手術して3~6か月、試合に出られなければ、その期間の収入が得られない可能性を考えれば十分にペイできる、安いという見方もある。いろんなアスリートにとっては大きな可能性があると思います。何よりも痛みがなくなる。いつも『痛い、痛い』と言って日頃生活していたのが、楽になることはお金には代えられません。

 しかも、自分の体に傷をつけなくていいというメリットはあります。もちろん、効果が出ないケースもありますが、その善し悪しを考えても、アスリートの体にとってマイナスになることはないと、私は考えています。体を動かすことでご飯を食べている選手にとって死活問題。そこで治療の選択肢が1つ増えただけでも素晴らしいこと。こういう人には効く、効かないというデータがもっと集まれば、より治療の選択の確度を高めて提示できます」(松田院長)

 多競技に渡るトップアスリートを指導する秋本氏もその考えに同調する。「サッカー選手は不意な接触で故障しがち。野球も長距離打者は軸足を固定してフルスイングするので、痛めやすいと聞く。サッカー、野球の選手にとって需要は大きいと思いますし、それが一般の高校生、大学生にまで広がっていけば素晴らしい」と力説した。

「半月板損傷=手術」というイメージが定着していたスポーツ界。しかし、“第3の治療”の出現でアスリートを取り巻く環境は大きく変わるかもしれない。トップアスリートの膝も変えた手法はさらに脚光を浴びていきそうだ。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集