[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本代表10番を育てた40年前の「ノーコーチング」 子どもを“教えない”極意とは

日本代表10番を育てた40年前の「ノーコーチング」 子どもを“教えない”極意とは

「サッカーは自己表現と助け合いのスポーツ。ああせい、こうせいと言われて何が楽しいのか」――浜本敏勝(大河FC代表)

【短期連載第1回】子どもの発想力を豊かにする「魔法の言葉」――大河FC創始者・浜本敏勝の育成哲学

「サッカーは自己表現と助け合いのスポーツ。ああせい、こうせいと言われて何が楽しいのか」――浜本敏勝(大河FC代表)

 大河FCは1974年に浜本敏勝が創設し、40年以上の歴史を刻んできた。広島屈指の育成型クラブで、歴史を俯瞰すれば木村和司、森島寛晃、田坂和昭ら多くの日本を代表する名手を輩出している。

 また浜本の薫陶を受け、指導経験も積んできた畑喜美夫は、生徒主導で進める「ボトムアップ理論」の提唱者として、今ではサッカーに限らず各界が注目する育成リーダーとして活躍している。

 27歳で当時最高だったB級ライセンスを取得した浜本は、以後17カ国を巡り、育成指導の現場を視察してきた。それから8年後には、すでに少年指導の変化の必要性を訴えている。

「少年サッカーの問題点として“サイドコーチ”がある。全てを教え込まれた少年は、サイドから言われないとプレーできない。言わば、ロボットかモルモットのようになってしまう」

 ベンチを見ないと判断ができない。ワールドカップでの戦いぶりを振り返り、優勝したイタリア(2006年ドイツ大会)との比較で日本代表の課題が浮き彫りになったのは、それから30年近く後のことだった。

1 2 3

加部究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー