[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「時間は多いようで少ない」 日本の司令塔・富樫勇樹が描く東京五輪までの青写真

「時間は多いようで少ない」 日本の司令塔・富樫勇樹が描く東京五輪までの青写真

現在、スペイン遠征中のバスケットボール男子日本代表は、8日からレバノンで開催される「FIBAアジアカップ2017」に臨む。11月のワールドカップ・アジア1次予選の出場権を懸けて16チームが戦う、世界大会への第一歩となる重要な大会だ。富樫勇樹は2020年の東京五輪も見据え、「あと3年ということで、時間は多いようで少ないと感じている」と自分なりのビジョンを語った。

ウルグアイとの第2戦は第3ピリオドだけで9得点、ラマス体制初勝利に貢献

 現在、スペイン遠征中のバスケットボール男子日本代表は、8日からレバノンで開催される「FIBAアジアカップ2017」に臨む。11月のワールドカップ・アジア1次予選の出場権を懸けて16チームが戦う、世界大会への第一歩となる重要な大会だ。富樫勇樹は2020年の東京五輪も見据え、「あと3年ということで、時間は多いようで少ないと感じている」と自分なりのビジョンを語った。

 日本代表は7月29日、30日とFIBAランキング26位の強豪ウルグアイと国際強化試合を行い、2連戦を1勝1敗で終えた。2試合連続でスターティングポイントガードを務めた富樫は、第2戦でさすがのプレーを見せた。

 35-31と4点リードで迎えた後半、3点シュートで口火を切ると、鋭いドライブでウルグアイの守備を切り裂き、第3ピリオドはチーム18得点の半分にあたる9得点をマーク。田臥勇太に続き日本人史上2人目となるNBAチームと選手契約を結んだ実力を示し、フリオ・ラマス新ヘッドコーチ(HC)体制初勝利(72-57)に貢献している。

「第1戦は外でボールが回るばかりの時間帯がありました。日本はインサイドの1対1で得点する選手がそこまで多くないと思うので、ガード陣が今日みたいにしっかりアタックしていって、そこからキックアウトなりしていければ。中に一回ボールを入れることが大事ですね。修正点はかなりありましたが、昨日(第1戦)よりは成長できたと思います」

 富樫は第2戦後、前日よりもチームとしてプレーできたことに胸を張った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー