[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 【廣瀬俊朗の目】世界選抜に大善戦の日本代表 「すごく効果的」と絶賛した選手とは?

【廣瀬俊朗の目】世界選抜に大善戦の日本代表 「すごく効果的」と絶賛した選手とは?

ラグビー日本代表は26日、「ジャパンラグビーチャレンジマッチ2018」で世界選抜と対戦。大規模な改修工事を終えた花園ラグビー場のこけら落としとなった一戦は28-31で惜しくも敗戦。それでも前半終了時に最大17点差をつけられながらも、後半の猛反撃で3点差まで詰め寄った。世界選抜は南半球の強豪国を中心に招集された即席チームながら、選手は個人能力に長けた、“格上”の相手との戦いから見えてきたものとは――。元日本代表主将の廣瀬俊朗氏(ラグビーワールドカップ2019アンバサダー)に聞いた。

ディフェンス2人を抜き去りトライを決めた福岡【写真:松橋晶子】
ディフェンス2人を抜き去りトライを決めた福岡【写真:松橋晶子】

元日本代表主将・廣瀬俊朗氏が世界選抜戦を徹底解説

 ラグビー日本代表は26日、「ジャパンラグビーチャレンジマッチ2018」で世界選抜と対戦。大規模な改修工事を終えた花園ラグビー場のこけら落としとなった一戦は28-31で惜しくも敗戦。それでも前半終了時に最大17点差をつけられながらも、後半の猛反撃で3点差まで詰め寄った。世界選抜は南半球の強豪国を中心に招集された即席チームながら、選手は個人能力に長けた、“格上”の相手との戦いから見えてきたものとは――。元日本代表主将の廣瀬俊朗氏(ラグビーワールドカップ2019アンバサダー)に聞いた。

 花園でのこけら落としのゲームを白星で飾ることはできなかったが、金星寸前まで迫った。前半で4トライを許し、折り返しは7-24。このままズルズルいくかと思われたが、後半は日本らしさを発揮。最後の最後まで逆転を伺う展開で、“新生花園”に詰め掛けた1万6846人のラグビーファンを最後まで沸かせた。

 結果はわずかに3点差。スコア的には大善戦と言えるが、廣瀬氏は「勝てる試合だった」と悔しがった。特に前半の立ち上がりだ。何度も攻撃のフェーズを重ねたが、トライを取り切れず、逆に相手のファーストアタックでトライを奪われた。

「最初にいい感じで攻めたが、そこで点を取れずに、相手のスペシャルプレーで失点してしまった。バックスの選手に走られましたね。FWのセットプレーも苦労しました。個の力では負けていた。そこの差はどう埋めるのか、これは引き続き課題ですね」

 世界選抜はニュージーランド(NZ)代表キャップ103を誇るマア・ノヌーらを擁する、タレント軍団。強靭なフィジカルとスキルをもつ相手だ。やはり個対個の争いでは劣勢を強いられた。

 廣瀬氏は「前半途中からペースアップ出来なかったですね。後半からはペースアップして、相手のミスもあり3点差まできた。もう少しというところまできた。いいところもたくさんありました」と敗因を分析しつつ、収穫も強調した。

 ジェイミージャパンの戦い方の一つにあるのがキック。しかしこの試合では、世界選抜にうまくキックを使われ後手後手に回った。

「前半はキックでエリアの取り方で負けていた。後半は相手の交代もあり、キックをうまく使って流れを作ることができましたね」

 秋のテストマッチ3連戦の初戦。やはり国内リーグとのギャップに苦労するのは常だという。その点では後半に順応し、きっちり追い上げられたことは収穫の一つだ。

 特に存在感が際立ったのはウイングの福岡堅樹(パナソニック)だという。「福岡選手は良かった。持ち味も出した。しっかりゲインすることができた」と拍手を送った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー