[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 育成年代から描く「引退後の人生設計」 25歳校長が目指す“セカンドキャリア教育”

育成年代から描く「引退後の人生設計」 25歳校長が目指す“セカンドキャリア教育”

淡路島に新設する通信制学習センターの特徴は、サッカーのエリートを育成するだけではなく、引退後の人生設計にも踏み込んでいるところだ。

淡路島に新設する通信制学習センターの上船利徳センター長【写真:本人提供】
淡路島に新設する通信制学習センターの上船利徳センター長【写真:本人提供】

【通信制高校が描く新たな育成の形|第3回】どんな選手にも訪れる“第二の人生”

 淡路島に新設する通信制学習センターの特徴は、サッカーのエリートを育成するだけではなく、引退後の人生設計にも踏み込んでいるところだ。

 改めて上船利徳センター長が語る。

「もちろん世界で活躍できる選手を輩出していきたい。でも入学してきた選手たち全員が、必ずプロになれるわけではないし、どんなプロ選手にも必ずセカンドキャリアは訪れます。だからここでは自分で考え、行動を起こせる人間を育てていきたい。そういうマインドをセットするために、多彩なセミナーの講師陣を揃えています」

 ドイツを中心に欧州では、プロを目指す選手たちが挫折した場合に、どんな仕事に就くのかもあらかじめ想定され準備を進めている。選手たちはプロという夢を追いながら、一方でその難易度を自覚し、別の選択肢も用意しておくわけだ。ところが単一種目に邁進する傾向が強い日本では、引退して初めてセカンドキャリアという現実に直面し、茫然とするケースが少なくない。

 日本サッカーの裾野は広がり、カテゴリーを下げれば現役のキャリアは引き延ばせるが、その分だけ第二の人生への準備は遅れる。

「講師の中には、2500人もの起業家志望者を指導している方がいます。彼は言います。お金というのは、社会を良くして、人に感謝され、その対価として支払われるものですよ、と。一方でこれから100歳まで生きる時代の到来が予想されます。65歳から100歳までを不安なく生き抜くためには、どんな人生設計を立てて、どんな会社、仕事、働き方を選択していかなければならないのか。生徒たちには、そういうセミナーをしっかりと受講してもらいます」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー