[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

史上最小146cmでプロテスト合格、大須賀望の秘話 救世主は娘を亡くしたプロゴルファー

国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月から日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストが実施された。今月1~4日には、茨城・大洗GCで最終プロテストが行われ、18位タイまでの計20人が合格者となった。1次予選からの総受験者数は、計649人で3.08%の超難関。突破に至るまでには、それぞれのドラマがある。身長146センチの大須賀望(おおすが・のぞみ)は、4度目の受験で突破。史上最も背が低い合格者は、娘を亡くしたプロゴルファーとの出会いで成長していた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

最終プロテストを4度目の受験で合格した大須賀望【写真:本人提供】
最終プロテストを4度目の受験で合格した大須賀望【写真:本人提供】

3.08%の難関を突破した選手の声 山下美夢有と同学年の20歳が語る歩み

 国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月から日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストが実施された。今月1~4日には、茨城・大洗GCで最終プロテストが行われ、18位タイまでの計20人が合格者となった。1次予選からの総受験者数は、計649人で3.08%の超難関。突破に至るまでには、それぞれのドラマがある。身長146センチの大須賀望(おおすが・のぞみ)は、4度目の受験で突破。史上最も背が低い合格者は、娘を亡くしたプロゴルファーとの出会いで成長していた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 大須賀は10位で合格した。通算2アンダー。カットラインを5打上回り、余裕を持った難関突破だった。1次予選、2次予選はともに2位で通過。茨城・大洗GCでの最終プロテストも、初日2位、第2日1位、第3日10位からの流れだった。

「最終日にハーフチェックがあり、私たちより前の組にいた選手の多くがスコアを伸ばせていなかったので、同組の4人で『合格、いけるね』と話していました。私は11番から3連続ボギーを打ちましたが、焦りはなく、法政大の森彩乃さんに大学生活の話を聞いたりしていました」

 4度目の受験で合格。うれしさはこみ上げたが、涙は出なかった。コースの駐車場で待っていた両親にも笑顔で報告し、「おめでとう」「ありがとう」と喜び合った。そして、父の運転でゴルフ練習場のパーシモンGC(茨城・那珂市)へと向かった。内田政美支配人とスタッフに報告するためだった。

「中に入ると、サプライズでくす玉が割られ、女性社員の方が泣きながら花束をくださいました。『私の合格をこんなにも喜んでくださるなんて』と思い、私も泣きました」

 内田さんからは、「本当におめでとう」と声を掛けられた。そして、大須賀は「内田さんと出会い、教えていただいたおかげで合格できました」と心からの感謝を伝えた。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集