[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「日本代表監督になる」 破天荒な25歳校長の切実な思い「怒鳴る指導を断ち切りたい」

「日本代表監督になる」 破天荒な25歳校長の切実な思い「怒鳴る指導を断ち切りたい」

25歳の“校長”は、自ら運営する「エリート人材育成 淡路島学習センター」を「日本で最高の環境」だと言い切る。

日本サッカーの育成現場を変えるため挑戦する上船利徳【写真:本人提供】
日本サッカーの育成現場を変えるため挑戦する上船利徳【写真:本人提供】

【通信制高校が描く新たな育成の形|第2回】日本サッカーの育成現場を変えるための挑戦

 25歳の“校長”は、自ら運営する「エリート人材育成 淡路島学習センター」を「日本で最高の環境」だと言い切る。

 現役のプレーヤーとしては挫折も経験しているが、ポジティブな思考と精力的な活動ぶりは際立っている。

「25歳で若過ぎるという声が出るかもしれない。でもここに素晴らしい環境があり、世のため人のためになり、自分でもチャレンジしたい。そう考えたら、取り敢えずGOです。こうなったらどうしよう……、とか不安要素を考え始めたら、物事は進みません」

 上船利徳は神奈川県で生まれたが、中学を卒業すると単身鹿児島での寮生活を決意し、強豪の神村学園高校に進学した。キック精度が高いボランチとして九州大会を制し、全国高校選手権にも出場。さらに東京国際大学に進み、チームが埼玉県リーグから関東1部リーグに昇格していく原動力となった。

 大学を卒業すると「どうせやるなら海外の強い国で」と野望を抱き、「いきなりドイツは難しい」という周囲の声を振り切るように、いくつかのクラブのテストを受けて、ドイツ4部のKFCユルディンゲンとのプロ契約に漕ぎ着けている。かつては1部に所属し、20世紀後半にはブライアン・ラウドルップ(デンマーク)やステファン・シャプイサ(スイス)ら各国代表の名手もプレーした古豪だった。

 ドイツでのスタートも順調で、開幕からスタメンで出場。だが、一度外れたレギュラーの座を奪回した試合で、手術が必要な膝の大怪我に見舞われスパイクを脱いだ。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー