[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 男子200m平泳ぎで驚異の世界新 19歳・渡辺一平が描く雄大な青写真

男子200m平泳ぎで驚異の世界新 19歳・渡辺一平が描く雄大な青写真

日本競泳界に、渡辺一平(早大)という新たな注目株が台頭した。かつて北島康介氏が五輪2大会連続金メダルを獲得した男子200メートル平泳ぎで、初めて2分7秒の壁を打ち破った。昨年のリオデジャネイロ五輪でも6位に入った19歳の急成長には、同大会で絶対王者マイケル・フェルプスを追い詰めた坂井聖人(早大)らとの常日頃の競争が土台にあったという。早大で各競技を取材する「早稲田スポーツ新聞会」の担当記者が、渡辺の成長の要因を記した。

驚異の記録をマークした19歳、渡辺一平を成長へと導いた「環境」とは

 日本競泳界に、渡辺一平(早大)という新たな注目株が台頭した。かつて北島康介氏が五輪2大会連続金メダルを獲得した男子200メートル平泳ぎで、初めて2分7秒の壁を打ち破った。昨年のリオデジャネイロ五輪でも6位に入った19歳の急成長には、同大会で絶対王者マイケル・フェルプスを追い詰めた坂井聖人(早大)らとの常日頃の競争が土台にあったという。早大で各競技を取材する「早稲田スポーツ新聞会」の担当記者が、渡辺の成長の要因を記した。

———————————————————

 2分6秒67――。日本の若きスイマーが世界を驚かせた。

 1月29日に開催された東京都選手権。渡辺一平が日本のお家芸である平泳ぎでついに世界初の「6秒台」に到達した。

 世界記録保持者となった渡辺の躍進は、昨年の4月から始まっていた。高校時代からユースオリンピックの男子200メートル平泳ぎで優勝するなどその潜在能力は高く評価されていたが、リオデジャネイロ五輪選考会となった昨年の日本選手権で自己ベストを大きく更新。オリンピック本番でも準決勝で五輪新記録となる2分7秒22をマークし、ここでも一気に自己ベストを1秒61も縮めた。この目覚ましい成長の要因は果たしてどこからくるのか。

 以前、渡辺にインタビューした際に本人が挙げていたのは、常日頃から高いレベルの選手たちと競える環境にあることだ。現在、渡辺は早稲田大学の2年生。同大学の水泳部には五輪に出場した選手たちが多く在籍している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー