[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「選手間の意思統一がはっきりしていた」 レジェンドが日本―イタリア戦を速報解説

小野澤さんはイタリア戦について「勝つべくして勝った試合」と評した【写真:編集部】
小野澤さんはイタリア戦について「勝つべくして勝った試合」と評した【写真:編集部】

アタックにも太鼓判、「内でも外でもトライを取り切れているのは大きい」

 イタリアは伝統的にFWの強さが武器だが、スクラムでも押し負けなかった。ペナルティは決して少なくはなかったが、致命的なものはなかった。

【PR】日本人初の世界一! 大坂なおみも出場のWTAツアーを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「セットプレーも安定していたし。課題といえば(イタリアの)1本目のトライくらい。日本の2本目のトライ(福岡のトライ)はターンオーバーからスピードを生かす形で、すごく良かったと思います。内でも外でもトライを取り切れているのは大きいですね」

 日本より上の「ティア1」に格付けされているイタリア相手に快勝。しかもダブルスコアなのだから、この結果はチームにとっても非常に大きいものがある。

「何よりお客さんも見ていて安心できたんじゃないでしょうか。普通に勝ったという印象。この結果は自信になると思いますが、試合後の姿を見ても派手に喜ぶというよりは、自分たちの任務を遂行して、勝つべくして勝ったという内容だと感じます。今後が本当に楽しみになりました」

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

1 2

小野澤 宏時

 1978年3月29日、静岡県島田市生まれ。静岡聖光学院高から中大を経て、サントリーに入社。2001年に日本代表デビュー。03年のトップリーグ開幕戦で同リーグのトライ第1号となる。同年のワールドカップに出場し、以後、07年、11年とW杯は3度出場。日本人で唯一3大会連続のトライを決めている。

 2012年にトップリーグ通算100トライを達成。日本代表81キャップは大野均(東芝)に次ぐ歴代2位。

 現在は福井県体育協会に所属し7人制でプレー。サッカーJ1清水のアスレチックアドバイザー、東京調布市で「ブリングアップラグビーアカデミー」を主催するなど多方面で活躍している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集