[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「選手間の意思統一がはっきりしていた」 レジェンドが日本―イタリア戦を速報解説

「選手間の意思統一がはっきりしていた」 レジェンドが日本―イタリア戦を速報解説

ラグビー日本代表のテストマッチが9日、大分銀行ドームで行われ、イタリア代表に34-17で勝利。6月のテストマッチ3連戦で白星発進を決めた。過去の対戦成績が1勝5敗と黒星が先行していた相手に、ダブルスコアで快勝。素晴らしい形で2018年初戦を飾った。歴代2位の日本代表81キャップを誇る、元日本代表ウイングの小野澤宏時さんは、ジェイミー・ジャパンの2018年初戦をどう見たのか。解説してもらった。

日本はイタリア相手に勝利を収めた【写真:Getty Images】
日本はイタリア相手に勝利を収めた【写真:Getty Images】

歴代2位の81キャップを誇る小野澤さんが、日本の勝因を解説「意識が統一できていた」

 ラグビー日本代表のテストマッチが9日、大分銀行ドームで行われ、イタリア代表に34-17で勝利。6月のテストマッチ3連戦で白星発進を決めた。過去の対戦成績が1勝5敗と黒星が先行していた相手に、ダブルスコアで快勝。素晴らしい形で2018年初戦を飾った。歴代2位の日本代表81キャップを誇る、元日本代表ウイングの小野澤宏時さんは、ジェイミー・ジャパンの2018年初戦をどう見たのか。解説してもらった。

 日本は前半に先制を許したが、すぐに追いつき、逆転に成功。後半に一度は追いつかれたが、終盤は運動量の落ちた相手を圧倒し、ダブルスコアで快勝した。

「チームとして、いくべきところ、引くべきところが徹底できていたように感じます。守備もアタックも、全員の意識が統一されていた。立っている選手が多くて、プレーにかかわる場面では常に日本が数的優位を作れていました」

 小野澤さんがまず強調したのは、意思統一がしっかりとできていたことだ。前半からどうボールを運ぶのか、キックパス、オフロードパス……、多くのバリエーションをもったアタックにもジャパンらしさが存分に出ていた。

「選手の意思が本当にはっきりしていた。しっかり対話できているのが、テレビの画面越しにでも感じられました。ディフェンスの場面でも、チャレンジして取りに行くところと、そうでないところで、選手間の意識の差がなかった。線引きが共有されていました」

1 2

小野澤 宏時

 1978年3月29日、静岡県島田市生まれ。静岡聖光学院高から中大を経て、サントリーに入社。2001年に日本代表デビュー。03年のトップリーグ開幕戦で同リーグのトライ第1号となる。同年のワールドカップに出場し、以後、07年、11年とW杯は3度出場。日本人で唯一3大会連続のトライを決めている。

 2012年にトップリーグ通算100トライを達成。日本代表81キャップは大野均(東芝)に次ぐ歴代2位。

 現在は福井県体育協会に所属し7人制でプレー。サッカーJ1清水のアスレチックアドバイザー、東京調布市で「ブリングアップラグビーアカデミー」を主催するなど多方面で活躍している。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー