[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田直樹、日韓W杯の残像 「ビビりまくっていた」男を奮起させた、自室に貼った写真

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

日韓W杯全4試合に先発フル出場した松田直樹【写真:Getty Images】
日韓W杯全4試合に先発フル出場した松田直樹【写真:Getty Images】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#18 松田直樹と2002年の記憶・前編

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 数々の若き才能が輝き、世界にその存在を知らしめた日韓W杯の日本代表。そのなかの1人が、25歳とキャリアの最盛期を迎えていた松田直樹だろう。「フラットスリー」の一角を担い、世界の屈強なアタッカーと対峙。2011年、34歳の若さでこの世を去った松田だが、日韓W杯で見せた勇姿は多くのファンの脳裏に今も深く刻まれている。本人が生前に語った言葉とともに、2002年に放った輝きを振り返りたい。(文=小宮 良之)

 ◇ ◇ ◇

 今や日本人ディフェンダーが欧州に進出することは珍しくなく、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(アーセナル)はその筆頭だろう。2人はイタリア・セリエAやイングランド・プレミアリーグで優勝経験があるような名門クラブで平然とプレーしている。

 これは、隔世の感がある。

「今だったら、海外でのプレーとかもあったかもしれない。でも、すでに俺は(横浜F・)マリノスを愛しすぎていたし、長くプレーしすぎたというか。他のことは想像ができない」

 横浜F・マリノスでの晩年、松田直樹はそう明かしていた。

 2011年8月、練習中に倒れて亡くなった松田は、Jリーグ史上最高のディフェンダーの1人と言えるだろう。横浜FMのJリーグ連覇(2003、04年)に貢献するなど、16シーズンにわたって在籍した。相手のミス待ちではなく、自ら仕掛けられるディフェンスのスケール感は出色だった。

 日本代表としても2000年にデビュー後、定位置を確保した。02年日韓W杯では、世界の猛者を相手に一歩も譲らなかった。

「マツダがいなかったら、フラットスリーはない」

 日本代表フィリップ・トルシエ監督にそう言わしめたほどの存在感だった。

 もし時代が違ったら、松田は吉田、冨安に匹敵する欧州で活躍するディフェンダーになっていたか。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集