[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • ドイツの子供は「話を聞かない」 自己主張の先で育むチーム内のコミュニケーション

ドイツの子供は「話を聞かない」 自己主張の先で育むチーム内のコミュニケーション

3月から僕は息子がプレーするU-8チームで新しくコーチを務めることになった。ドイツに来てからの指導歴は15年になるが、これまではU-15やU-17、U-19と中、高校生年代をメインに見てきた。

コミュニケーション能力を育てる子供の自己主張【写真:Getty Images】
コミュニケーション能力を育てる子供の自己主張【写真:Getty Images】

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――U-8チームを初指導、“遊び続ける”子供たち

 3月から僕は息子がプレーするU-8チームで新しくコーチを務めることになった。ドイツに来てからの指導歴は15年になるが、これまではU-15やU-17、U-19と中、高校生年代をメインに見てきた。

 小学生年代となるとU-13(小学校高学年)は担当したことがあるが、U-8(小学校低学年)となると本当に初めてのこと。これまでの経験を生かそうにも何もかもが違うので、すべてが新鮮で、すべてが挑戦だ。

「よーし、そろそろ始めようか。集まってー!」と言っても集まらない。しばらく黙って様子を見ていると、こっちの様子に気づいてはいても、「それはそれとして」みたいな感じで遊び続けようとする。少しずつ何人かが集まってくる。でも集まるのを待っている間に、集まっている子たちが遊び出す。ようやく集まったので「簡単な説明をして練習を」と思っても、ちょっと話し出したらもうまたふざけだしている。

 でも、それがたぶん普通なのだ。話を聞かないからと別に怒ることもない。ドイツでは幼稚園の頃にみんなでまとまって何かをするという習慣があまりないし、やらなければならないと教え込まれたりもしない。

 では何をするかというと、子供たちはまず、自分が何をしたいのか、どうすればそれができるのかという主張の仕方を学ぶ。その中では自分がやりたいからと何をやってもいいわけではもちろんなく、やってはダメな規則がある。そして他にやりたい子がいたら、お互いが納得するルールがないとダメだということを経験していく。コミュニケーションとは、自分の主張をするだけではなく、相手の主張を聞くことも大切だということを毎日の実践の中で学んでいくわけだ。

1 2

中野 吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー