[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上1万m女王の33歳新谷仁美がマラソン挑戦 自らの商品価値求める「仕事人」の生き様

12月8日、東京五輪女子1万メートル代表の新谷仁美はスポーツブランド、アディダスとのパートナーシップ契約に基本合意したことを発表。「最大の目標であるパリの舞台を目指すうえで、心強いパートナーができたことは非常にうれしい」と、明確に「パリ五輪」を目標に掲げた。

東京五輪女子1万メートル代表の新谷仁美は「パリ五輪」を目標に掲げた【写真:荒川祐史】
東京五輪女子1万メートル代表の新谷仁美は「パリ五輪」を目標に掲げた【写真:荒川祐史】

インタビューでパリ五輪挑戦を明言「私の集大成にしようと決めています」

 12月8日、東京五輪女子1万メートル代表の新谷仁美はスポーツブランド、アディダスとのパートナーシップ契約に基本合意したことを発表。「最大の目標であるパリの舞台を目指すうえで、心強いパートナーができたことは非常にうれしい」と、明確に「パリ五輪」を目標に掲げた。

「アディダスとともに達成する、最大の目標がパリ五輪。もちろん、その過程には世界大会のタイトルという目標もありますが、パリ五輪を私の集大成にしよう、と決めています。所属先のチームから駅伝のオファーがあれば競技を続行するかもしれませんが、個人としての、プロとしての陸上人生はパリで終わりかな」

 パリまでに、もう一つ達成したいと目論むことがある。5000メートル、1万メートル、ハーフ、マラソンの4種目日本記録の樹立だ。

 新谷は2014年に一度引退し、4年間会社員として働いた後、2018年、陸上界に復帰。復帰後、わずか2年の間に、1万メートル、ハーフマラソン(混合)で日本記録を樹立。ハーフマラソンの1時間6分38秒という記録は、日本記録を実に14年ぶりに塗り替えた。

「私は1時間、2時間以上、ずっと走っている、というのが単純にイヤで、マラソンとかハーフとか、距離が長くなれば長くなるほど、私はすごく抵抗感があった。せっかちで神経質だから、30分が限界。ドラマだって長時間観ていられないのに、1時間以上走るなんて無理だよ、走りたくないと思っていたんです。それが、コーチと初めてヒューストンハーフマラソンにチャレンジしたとき、抵抗感が薄らぎました」

 1万メートル、5000メートルばかり走る自分にとって、ハーフは「リラックスしてできる競技だった」と話す。復帰以来、新谷は挑戦を続ける。ハーフマラソンは、コーチから提案された新たなチャレンジだった。

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集