[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 田臥勇太も認めた名手 元日本代表・渡邉拓馬氏が現役復帰 3人制で東京五輪挑戦へ

田臥勇太も認めた名手 元日本代表・渡邉拓馬氏が現役復帰 3人制で東京五輪挑戦へ

元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬氏(アルバルク東京GM補佐)が現役復帰し、3人制バスケットボールで東京五輪を目指すことを明かした。16年限りで引退していた39歳は3人制バスケ「3×3(スリー・バイ・スリー)」に加入し、6月開幕のリーグ戦に参戦。田臥勇太(栃木ブレックス)も認める日本屈指の名シューターは「やるからには本気で。トップを目指してやらないと意味がない」と誓い、新種目に採用された2020年五輪を目指す。

元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬氏【写真:村上正広】
元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬氏【写真:村上正広】

田臥勇太も認めた39歳の名シューターが3人制バスケに挑戦「やるからには本気」

 元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬氏(アルバルク東京GM補佐)が現役復帰し、3人制バスケットボールで東京五輪を目指すことを明かした。16年限りで引退していた39歳は3人制バスケ「3×3(スリー・バイ・スリー)」に加入し、6月開幕のリーグ戦に参戦。田臥勇太(栃木ブレックス)も認める日本屈指の名シューターは「やるからには本気で。トップを目指してやらないと意味がない」と誓い、新種目に採用された2020年五輪を目指す。

 かつて日本バスケ界に君臨した名シューターが、5人制から3人制に舞台を変え、五輪の夢舞台を目指す。渡邉氏は3人制チーム「立川ダイス」と契約し、国内最高峰リーグ「3×3.EXE PREMIER」に参戦する。20年東京五輪から新種目に採用された3人制。「やるからには本気で。自然と目標はそこにいく。一番(五輪が)頭にある」と決意を明かした。

 きっかけは昨年10月だった。現在、ゼネラルマネージャー(GM)補佐を務めるBリーグのアルバルク東京が、立川ダイスと地域活性化を目指し、提携したことでひと肌脱ぎ、3人制に挑戦することを決めた。引退後は「東日本大震災復興支援財団」が展開する「東北『夢』応援プログラム」で故郷・福島の子供たちに指導を行うなど、バスケの普及・発展活動をしてきた渡邉氏の思いは熱い。

「引退してから色々な活動をしてきた。自分の年齢、経験と自分が子供たちと接することの影響を考え、3人制をやりながらバスケの楽しさを伝えるタイミングは今しかない、と。自分がやるべきことが凝縮されているんじゃないかと感じた。主戦場にしている先駆者の方々に敬意を払ってやらないといけない。自分もやるからには全力で現役時代のように3人制を向き合っていきたい」

 とりわけ、3人制バスケに特別な魅力を感じている。「ハーフコートだけど、展開が速いし、ぶつかり合いは5人制より激しい。個性もすごく出る。見る人にとっては観戦無料だし、今風の雰囲気で音楽を流しながらプレーしたり、六本木で見たりできるんです」。身近に感じられる「3×3」だからこそ「バスケ人気の底辺拡大に貢献したい」と使命を感じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー