[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

title-news

五輪V3柔道家・野村忠宏氏の言葉「特別な人だけが結果を残せるのではない」

1996年アトランタ五輪。一人の大学生が一躍スターダムにのし上がり、日本中にその名が知れ渡った。当時無名だった野村忠宏さん(ミキハウス)は、男子柔道60キロ級で金メダルを獲得し、野村伝説の幕が開けた。

20161102_nomura

無名の柔道家が金メダリストへ

 1996年アトランタ五輪。一人の大学生が一躍スターダムにのし上がり、日本中にその名が知れ渡った。当時無名だった野村忠宏さん(ミキハウス)は、男子柔道60キロ級で金メダルを獲得し、野村伝説の幕が開けた。その後も2000年シドニー大会、04年アテネ大会と、全競技通じてアジア人初となる五輪3連覇という大偉業を達成した。

 大舞台で無類の強さを誇る野村さんだが、幼少の頃はそこまで圧倒的な存在ではなく、女子選手に負ける屈辱も味わったほどだった。それでも練習に取り組み続け、少しずつ階段を上がっていった。その裏には自身の急成長を促す人々との出会いも大きかったという。そんな金メダリストが口にした成長の秘訣とは――。

「五輪で3連覇する人は特別だとか、野村さんだからできたんですよね? とよく言われます」

 そう話す野村さんは、柔道一家に生まれた。父は奈良県の強豪・天理高校柔道部監督(当時)、祖父は名門柔道場「豊徳館」の館長、叔父はミュンヘン五輪金メダリスト。しかし、自身は「五輪を夢見るような少年ではなかった」と振り返る。

 小学生時代は、祖父・彦忠さんが開いた道場で稽古に励みながら、水泳やサッカー、野球などにも取り組んでいたという。柔道1本に絞ったのは中学からで、強くなるために自宅から電車で1時間ほど離れた奈良・天理中に進学した。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー