[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳でサッカーを始めブラジルへ 「リフティングができない」日本人が見た“本物の技術”

「明光サッカースクール」でヘッドコーチを務める檜垣裕志がサッカーを始めたのは、17歳と極端に遅かった。

「明光サッカースクール」でヘッドコーチを務める檜垣裕志【写真:加部究】
「明光サッカースクール」でヘッドコーチを務める檜垣裕志【写真:加部究】

【短期連載第2回】檜垣裕志「利き足指導法」の挑戦――根底に流れる“サッカー王国”ブラジルでの経験

「明光サッカースクール」でヘッドコーチを務める檜垣裕志がサッカーを始めたのは、17歳と極端に遅かった。

「だからリフティングもできないままブラジルへ行ってしまったんです。ポルトゲーザの練習生としてトレーニングを積むことになりました。ブラジルでは一度ミスをしてボールを奪われたら、二度とパスが出てこない。本当にあからさまですよ。下手だと思ったら、どんなに良いポジションにいて、目が合っても無視される。本当の苛めというのは、こういうことなのか、と思いました(笑)」

 監督には「どこでもいいから紅白戦に出してくれ」と直訴し、与えられたのが比較的フリーで前を向いてボールをもらえるサイドバックだった。だがオーバーラップをしても、トラップミスをすると思われるからパスは出てこない。檜垣は、そんな状況を打開したくて「なにか良いトレーニングはないか」とコーチに相談する。

「おまえはボールコントロールが下手だからテニスボールでリフティングをしてみろ」

 3日間夢中で取り組み500回に成功した。

 一方、日々ブラジルで周りの選手たちを観察しているうちに「右も左も使えるように」という日本式の指導に違和感を覚え始める。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集