[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

当たり前を壊してきた31歳寺田明日香 東京五輪を狙いながら次世代育成に懸けた理由

陸上の女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、自身の価値観とキャリアについて語った。23歳で競技を一度引退し、道なき道を歩んできた31歳。現役選手でありながら、次世代育成のために尽力していること、社会にメッセージを発信し続けること。2日に東京五輪出場を決めた日本最速女子ハードラーがその信念を明かした。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

寺田明日香が語る自身の価値観とキャリア【写真:中戸川知世】
寺田明日香が語る自身の価値観とキャリア【写真:中戸川知世】

東京五輪内定、陸上100メートル障害日本記録保持者が語る自身の価値観とキャリア

 陸上の女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、自身の価値観とキャリアについて語った。23歳で競技を一度引退し、道なき道を歩んできた31歳。現役選手でありながら、次世代育成のために尽力していること、社会にメッセージを発信し続けること。2日に東京五輪出場を決めた日本最速女子ハードラーがその信念を明かした。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 寺田明日香は、当たり前を壊してきた。

 例えば、6月26日。大阪・ヤンマースタジアム長居。日本選手権女子100メートル障害決勝、13秒09で4度目の優勝。11年ぶりのことだった。小学6年生であれば大学を卒業し、新社会人になるほどのブランク。20歳だった寺田は31歳になり、そして母になっていた。

「2010年当時は勝つのが当たり前でした。でも、2013年に一度引退した時に『ああ、もうあの景色は見られないんだ』と悲しい思いをしていたので、11年の時を経て、いろんな方々に協力してもらい、背中を押してもらいながら、また優勝の景色を見られて、すごく感慨深かったです」

 かつては五輪期待のスプリンターとして注目されながら、怪我や摂食障害などで不振に陥り、23歳で一度は現役を退いた。以降、企業勤務や大学進学を経験し、結婚、出産、7人制ラグビー転向を経て、陸上に復帰。日本一に返り咲き、従来の不可能を可能にした。

 支えとなったのは「チームあすか」の面々。コーチ、トレーナー、栄養士ら多くのスタッフがチームを組んでサポート。レース後、金メダルを胸に提げ、「応援団長」を担う6歳の一人娘・果緒ちゃんのもとに行くと「金メダル、金メダル! 早くちょうだい!」とねだられた。

 現役選手は、競技だけにすべてを捧げる。その当たり前も壊してきた。

 その一つが、期間限定の応援ファンコミュニティー「あすかクラブ」。クラウドファンディングで支援者を募り、日々の活動の舞台裏を発信している。今回の日本選手権も、現地入りの様子や予選・準決勝のウォーミングアップシーンなどをファンに共有した。

「やっぱり選手は(競技中など)見えている部分しか分かってもらえない。でも、選手一人一人にいろんなエピソードと物語がある。裏側でどういうことを頑張っていたり、うじうじしていたり、寺田明日香という選手を見て、人間として知ってもらえればいいなと思って始めました」

 最近は、選手が新たな支援やファンを獲得するためにクラウドファンディングを活用する例は珍しくない。しかし、寺田の活動が特徴的なことは、応援金を次世代のスプリンター発掘・育成のために役立てていること。

「A-START(エースタート)」という寺田自身が発足させたプロジェクトである。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集