[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳で来た生理 元日本代表・岡部紗季子が語る「体操選手と思春期」の闘い

現役時代に訪れた生理は競技にも影響をもたらしたという【写真:編集部】
現役時代に訪れた生理は競技にも影響をもたらしたという【写真:編集部】

「やっぱり、体重は増えやすくなりました」、平均台が安定せず競技に影響も…

「全然、負担は違いました。なかなか集中できないし、当然、生理痛もあるし、だるさは常にあった。体の感覚でいえば、プールを上がった後みたいに、ふわふわした感じがある。バランス感覚が問われる平均台で、いつものようにバシッといかず、安定しない感じがありました」

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 対処法として、ピルの服用があった。時期をずらすことができ、大会と重なる場合など、リズムをコントロールすることができる。代表合宿で「気になるならピルを出せます」と説明を受けたこともあったが、副作用の知識などがなかった当時は抵抗もあり、実際に使うことはなかった。

 生理の一般的な傾向の一つが、体重が増えやすくなること。生理前は食欲が増進し、同じように食べていても体重が増えてしまうことは珍しくない。制限が厳しい体操選手にとっては死活問題だ。

「やっぱり、体重は増えやすくなりました。500グラムとか。意外と今日、重かったなと感じることがありました。普段からすごく気をつけていたのに、それでも変わっちゃうんだなという。体重管理はつらい部分の一つでした」

 フィギュアスケートなど10代前半から活躍する競技のように、体操界でも思春期による体の変化が成績に影響する例もあった。

「高校生から大学生にかけて、急激に成績が落ちる選手はたくさんいます。大学に入って環境が変わったことが原因になる場合もありますが、思春期で明らかに太ってしまうことがあり、体の変化はすごく大きい。どうしても体型は変わってしまうイメージはあります」

 岡部さん自身、生理痛などの苦労に悩むこともあったが、練習と重なっても休むことはなかった。

1 2 3 4 5 6

岡部 紗季子

 1988年5月16日、東京都生まれ。朝日生命体操クラブ出身。4歳で体操を始める。02年、ナショナルチームメンバー初選抜。明大では2大会連続ユニバーシアード代表に選出。得意種目はゆか。

 引退後は明大コーチを経て、体操教室で指導を行う。TBS系「KUNOICHI」でも活躍。自身のインスタグラムでは街や海など様々な場所で逆立ちやバック転などアクロバティックな技を披露し、人気を博している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集