[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 元日本代表主将・菊谷崇が現役最終戦 「運命」の瑞穂で完全燃焼「感謝でいっぱい」

元日本代表主将・菊谷崇が現役最終戦 「運命」の瑞穂で完全燃焼「感謝でいっぱい」

ラグビー・トップリーグの総合順位決定トーナメント第2節(パロマ瑞穂)は14日、現役最終戦となったキヤノンの元日本代表主将のLO菊谷崇がNTTコム戦の後半から途中出場。試合は32-38で敗れたが、チームの3連続トライなど猛追を演出するなど、16年間の現役生活を菊谷らしく完全燃焼で終えた。

現役最終戦に出場し、選手たちに胴上げされる菊谷【写真:編集部】
現役最終戦に出場し、選手たちに胴上げされる菊谷【写真:編集部】

途中出場で猛追演出、37歳のラストシーズンへ「禁酒」で調整「本当に楽しかった」

 ラグビー・トップリーグの総合順位決定トーナメント第2節(パロマ瑞穂)は14日、現役最終戦となったキヤノンの元日本代表主将のLO菊谷崇がNTTコム戦の後半から途中出場。試合は32-38で敗れたが、チームの3連続トライなど猛追を演出するなど、16年間の現役生活を菊谷らしく完全燃焼で終えた。

【写真集】ラグビー界を支えた稀代の名選手が引退…元日本代表主将・菊谷崇ギャラリー

 ノーサイドの瞬間、天を仰いだ。やり切った菊谷の充実感いっぱいの表情が、西日に光った。敵味方関係なく、がっちりと抱擁。試合にこそ敗れたが、完全燃焼した。「僕としてはチームの一員、選手としてこの日を迎えられて良かった。今日で引退する人は僕だけじゃないのに、こうして祝っていただいて感謝でいっぱいです」。気遣いの人らしく、周囲への感謝が口を突いた。

 菊谷は奈良県出身の37歳。御所工から大体大を経て、02年にトヨタ自動車入り。大学時代から活躍していた7人制代表から05年には15人制代表で初キャップも獲得。ジョン・カーワン体制の下、08年からキャプテンも務めた。11年にはワールドカップ(W杯)も経験。トップリーグでは史上4人目の150試合出場を達成するなど、ラグビー人気が過熱する前から長く日本を支え続けた。

 5月から禁酒を始め、残りの現役生活の完全燃焼に懸けてきた。チームメートが「みんなの中に特別な試合という想いがあった」と言うように、10-38と28点ビハインドの後半18分に投入されると、流れが一変した。最初の上原哲のトライを口火に怒涛の3連続トライ。体を張って声を出し、チームを鼓舞しながら、あと1トライ1ゴールで逆転という6点差まで追い詰めた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー