[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18歳キャンプ初日に自信喪失 不安に駆られた元ロッテ選手が「救われた」コーチの言葉

「THE ANSWER」では、「元プロ野球選手」のセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「Restart――戦力外通告からの再出発」を連載開始。第1回は2013年の育成ドラフト1位でロッテに入団し、現在は日本プロ野球選手会事務局で活躍する25歳・肘井竜蔵さんに話を聞いたが、インタビューの中で掲載できなかった現役中の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

元ロッテ肘井竜蔵さんがプロ1年目を回想した【写真:宮内宏哉】
元ロッテ肘井竜蔵さんがプロ1年目を回想した【写真:宮内宏哉】

日本プロ野球選手会で奮闘中、元ロッテ肘井竜蔵さんがプロ1年目を回想

「THE ANSWER」では、「元プロ野球選手」のセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「Restart――戦力外通告からの再出発」を連載開始。第1回は2013年の育成ドラフト1位でロッテに入団し、現在は日本プロ野球選手会事務局で活躍する25歳・肘井竜蔵さんに話を聞いたが、インタビューの中で掲載できなかった現役中の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 高卒1年目の2014年2月、シーズン開幕前の沖縄・石垣島キャンプで、肘井さんは初日から自信をへし折られる出来事を経験した。背番号3ケタの育成選手だった当時18歳が立ち直り、19歳での開幕1軍を勝ち取るまでに成長したきっかけを作ったのは、あるコーチからの一言だった。(文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

「すぐに思いつくのは、プロ1年目の春季キャンプの衝撃。『えっ……』という感覚でした」

 現役生活の中で最も印象に残っている出来事は何か、という質問に肘井さんは即答した。兵庫・北条高からロッテに入団し、初めて迎えた石垣島キャンプ初日のことだという。

 1軍の試合に出場できないが、将来を期待された「育成選手」としてプロ入り。背番号122のユニホームをまとい、2軍練習場で将来の主力を目指してスタートを切った2月1日。バッティングマシンや打撃投手を相手にしたフリー打撃で、18歳の希望はいきなり絶望に変わった。

「プロ野球選手の打球の飛距離ですよね。左打ちの僕が引っ張った打球よりも、右打者のG.G.佐藤さんたちが流した打球の方が飛んでいく。その衝撃ですね」

 当時、チームから個人での調整を任せられたベテラン選手は、キャンプ開始直後は2軍練習場で調整をするケースが多く、入団したての若手と並んで打撃練習をすることもあった。

 高校通算46本塁打とパワーには自慢があった肘井さん。左打席から思い切り引っ張ってライト方向へ飛ばした飛距離を、シーズン20本塁打以上を3度マークしているG.G.佐藤氏など実績ある右打者は流し打ちで軽々と越えていった。

「こんな世界でやっていけるのか」

“プロ初日”からくじけそうだった。先行き不安な若者を救ったのは、当時の2軍打撃コーチ・山下徳人氏の言葉だったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集