[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「体育会学生は就職に強い」は本当か 企業が知りたいのは「競技実績」じゃない事実

「スプリントコーチ」というジャンルを築き、サッカー日本代表選手、プロ野球選手など多くのトップアスリートに“理論に基づいた確かな走り”を提供する秋本真吾さん。その指導メソッドがスポーツ界で注目を浴び始めている一方で、最近はフォロワー2万人を数えるツイッターのほか、「note」を使って自身の価値観を発信。「夢は叶いません」「陸上の走り方は怪我をする」「強豪校に行けば強くなれるのか?」など強いメッセージを届けている。

秋本真吾さんが考える「『体育会学生は就職に強い』は本当か」について【写真:@moto_graphys】
秋本真吾さんが考える「『体育会学生は就職に強い』は本当か」について【写真:@moto_graphys】

連載「秋本真吾の本音note」、今回のテーマは「学生アスリートと『働く』」

「スプリントコーチ」というジャンルを築き、サッカー日本代表選手、プロ野球選手など多くのトップアスリートに“理論に基づいた確かな走り”を提供する秋本真吾さん。その指導メソッドがスポーツ界で注目を浴び始めている一方で、最近はフォロワー2万人を数えるツイッターのほか、「note」を使って自身の価値観を発信。「夢は叶いません」「陸上の走り方は怪我をする」「強豪校に行けば強くなれるのか?」など強いメッセージを届けている。

【注目】私が「通信制高校」を選択したワケ 畑岡奈紗が送る、進路に悩むジュニアへの言葉

 そんな秋本さんが「THE ANSWER」でメッセージを発信する新連載を始動。秋本さんの価値観に迫るインタビューを随時掲載する。最初のテーマは「学生アスリートと『働く』」。現役時代は400メートルハードルの選手としてオリンピック強化指定選手にも選出され、特殊種目200メートルハードルのアジア最高記録などの実績を残し、引退後は企業勤務を経験、現在は「走りの指導」をビジネス展開する秋本さんと4回に渡って考える。第4回は「『体育会学生は就職に強い』は本当か」について――。

(聞き手=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――体育会出身者は企業の社長になったり、大企業に就職が強かったりという印象があり、実際に第一線の現場で「○○大ラグビー部でした」という方によくお会いします。秋本さんはアスリート出身で、現在はビジネスも展開していますが、なぜ体育会出身は社会に求められると思いますか?

「一般的にスポーツの世界はキラキラとしていて、見た目も爽やかで元気というイメージが良く、人格的になんでも頑張ってくれそうと思う人が多いと思います。だから、今までと全く異なる営業やデスクワークをやらせても頑張れるという期待があって採用します。体育会学生は全国の学生比率で8%しかいないと言われている希少な存在なので、欲しい企業も多いだろうと予測します。

 ただ、一方で『体育会出身者は脳みそも筋肉だ』『スポーツしかできないヤツらだろう』と批判的に見ている経営者の方もいると思います。なので、必ずしもどこの企業も採りたいかは別です。経営者が求めたいのは『君、日本一になったんだ。インカレで活躍したんだ。じゃあ、何を学んで、うちの会社に何を生かせるの?』という部分だと思います」

――第1回にも出た「『100メートル10秒台で走れます』は仕事に生きるのか」に通じる話ですね。

「もし、僕が運営しているオンラインサロンの『CHEETAH(チーター)』で働きたいという学生が来たら、まず『CHEETAH』が今提供しているものは何か、実際に何を得ているかを聞きます。働きたいのであれば、そのあたりは言えると思いますが、じゃあ『CHEETAH』の価値を最大化させるために本人がやってきた経験と何が接続し、どう良くできるのかも聞くと思います。

 加えて、今後もずっとうちで働き続けたいのか。そのうち独立して自分がやりたいことがあるのかも聞きます。会社にずっと何十年もいたいと思う人が少ない時代ですし、得たものを生かして次の転職につなげるというのもアリだと思いますから。結局はスポーツだろうがなかろうが、4年間で得てきたものをどう会社の理念にフィットさせていけるかだと思います」

――引退後は体育会学生の就活サポートをしている時期もありましたが、実際に接してみて何か気づくことはありましたか?

「社会人からすれば当たり前ですが、行きたい会社の企業理念を見たかはすごく聞きました。スターバックスなら『人の心に豊かさと活力を』と謳っていますし、サッカーのバルセロナなら『クラブ以上の存在に』というものを掲げています。その理念と自分の経験がマッチしない限り、うまく行かないと思うんです。例えば、アスリートとスポンサーの取引もそうじゃないですか。

 僕は飲料メーカーの伊藤園さんに麦茶をサポートしていただいていますが、伊藤園さんは“糖質のないスポーツドリンク”として打ち出したい。スポーツシーンに麦茶を持っていくイメージですね。そういう点は提供を受けている僕からすると、本当に良いものは良いと言えますし、理念と経験が一致するので相当宣伝しやすいです」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集