[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エースの故障見抜く指導者と真の“親心” 「たとえクラシコでもプレーさせない」

バルサ下部組織の指導者が却下したボージャンの出場直訴

 欧州には、こんな諺があるそうだ。

「酔っ払いと子供の顔は嘘をつかない」

 かつてバルセロナのカンテラで監督を務めてきたジョアン・サルバンスは、当時チームのエースだったボージャン・クルキッチ(現・アラベス)の沈んだ表情を見逃さなかった。彼は故障を抱えていたが、隠してプレーをしようとしていた。ジョアンは、ボージャンの出場直訴を却下し、口論になったという。

「間近に迫っていたのは、同じバルセロナのライバル、エスパニョールとのダービーマッチでした。この試合はユース年代の子供たちにとっては、レアル・マドリードとのクラシコに相当します」

 だがジョアンは、ボージャンを説き伏せた。

「君への要求は非常に高い。他の子はプロになることが目標だが、君の場合はカンプ・ノウの満員の観衆を沸かせることだ。チャンスは来年も再来年も必ずやって来る。今はケガをしっかりと治すんだ」

 日本の高校生が、スペインのクラブの練習に参加すると、一様にトレーニング時間の短さに驚く。ジョアンは力説していた。

「私は同じことを100回繰り返すより、集中して10回取り組むことを大切にします。それに練習量と強いメンタルは、決して比例しません」

 今でも彼我の落差が最も大きいのが、育成の常識なのだと思う。

【了】

加部究●文 text by Kiwamu Kabe

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集