[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

7mしか泳げなかった子供も… 伊藤華英さんは大船渡の子供をいかに成長させたのか

成果発表の前にはクリニックを実施【写真:村上正広】
成果発表の前にはクリニックを実施【写真:村上正広】

7mしか泳げなかった小学2年生、劇的な成長に伊藤さんも拍手

 小学生は25メートル、中学生は50メートルに挑戦。すると、小学生は全員タイムを伸ばし、目覚ましい成長を見せた。なかでも、光ったのは小学2年生の細谷真瑚さんだ。10か月前、わずか7メートルしか泳げなかったが、伊藤さんの初回の1時間の指導で一気に25メートル泳げるようになった。以来、伊藤さんとの遠隔指導もしっかりと取り組み、タイムを縮めた。

 水面から顔を上げた細谷さんの顔には笑みが浮かび、誰よりも努力を見続けてきた伊藤さんも手放しで拍手を送った。プール内も大きな拍手に包まれ、子供の成長が形となった象徴的な一つの瞬間となった。迎えた修了式。まずは東京五輪組織委員会の一員として日本選手団の広報活動を担い、伊藤さんが現地で過ごした2月の平昌五輪についてのトークコーナーが行われた。

 伊藤さんは「羽生結弦選手が金メダルを獲得したフィギュアスケートは日本のファンが多く、会場の半分以上が日本人だったんじゃないか」と熱気に驚き、銀メダルを獲得した宇野昌磨と羽生との舞台裏での掛け合いなどの秘話で金メダリストの素顔を知り、子供たちも喜んでいた。

 そして、遠隔指導によって子供たちと過ごした10か月について総括。ラグビー愛好家でもある伊藤さんは全日本大学選手権9連覇を達成した帝京大の名将の言葉も引き合いに出しながら、メッセージを贈った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集