[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

香川にあって、大久保に足りなかったもの ドイツの名手が語る“海外成功”のカギ

香川と長谷部にあって、大久保に足りなかったもの、それは…

「香川と長谷部はすごく適応が早かった。早い段階で文化やサッカーの違いを理解し、その実力がブンデスリーガでも高く評価されました。一方、大久保はファンタスティックな選手だったが、残念ながら、適応がスムーズにできなかった。彼がもう少しだけ幸運に恵まれ、適応も文化の習得も早ければ、彼はブンデスリーガで成功できたはずなんです」

 リトバルスキー氏は具体例を挙げて説明してくれた。

 香川は10年夏にC大阪からドルトムントに移籍すると、チームの主力になった。ブンデスリーガ2連覇に貢献し、世界的名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍。14-15年シーズンにドルトムントに復帰し、現在のチームでは不可欠な存在となっている。

 長谷部は08年に浦和からヴォルフスブルクに移籍。08-09年シーズンにはリーグ優勝に貢献し、ニュルンベルクを経て、フランクフルトで現在はニコ・コバッチ監督から全幅の信頼を手にした。ブンデスリーガのキャリアは今季で11シーズン目を迎えている。

 香川と長谷部の2人は成功例。ブンデスリーガという環境に対する理解のスピードを早めたことが、その後のキャリアに大きなプラスとして働いたという。

 一方、川崎の大久保嘉人は才能と実力に疑いの余地はなかったという。2004年シーズンにはC大阪からスペイン1部マジョルカに移籍したが、2006年にJリーグに復帰。2008年シーズンに再び欧州に挑戦。ドイツ1部ヴォルフスブルクで期待されたが、結果を残すことができず、09年に神戸に復帰した。

1 2 3

ピエール・リトバルスキー

ブンデスリーガ強豪ヴォルフスブルクのスカウト部長。現役時代は天才ドリブラーとして活躍。西ドイツ代表メンバーとして1990年ワールドカップイタリア大会優勝、82年スペイン大会、86年メキシコ大会ではそれぞれ準優勝に貢献している。ブンデスリーガ1FCケルンで活躍後、1993年からJリーグJEFユナイテッド市原(現J2ジェフ千葉)で、96年からブランメル仙台(現ベガルタ仙台)でそれぞれ2シーズンプレーした。監督として横浜FC、アビスパ福岡、シドニーFCで指揮を執った。ドイツ語の他、英語、フランス語、日本語も堪能なマルチリンガル。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集