[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

子供の能力は12歳までに決まる? 成長を分ける「ゴールデンエイジ」理論とは

成長のカギは神経系…「ゴールデンエイジ以降にやっても効果は高くない」

――神経系ですか。

「スキャモンの発育・発達曲線というものがありまして、これは体がどういう順に成長していくかが理論化されたものです。一番伸びる部分に対して、効果的なトレーニングでアプローチすることで、能力が著しく成長します。この理論から言うと、このゴールデンエイジでは神経系がグッと伸びます。この期間でほぼ能力の100%まで成長してしまいます。この時期に、神経系をしっかり開発してあげられるかが、大事になる。このゴールデンエイジ以降に神経系トレーニングをやっても、効果は高くありません。

 例えば『こういう風にやってみろ』といって、子供にやらせてみると、全く違う動きをしてしまう子がいますよね。それは神経系がうまく伝わっていないのです。体の動きには『インプット』と『アウトプット』ということが関わってきます。目、耳、皮膚とか色々なもので感じたものが脊髄を通って、一度、脳に入ります。これが『インプット』です。頭に入って状況などを判断し、こう動かすんだというものを『アウトプット』します。それが筋肉に伝わって、運動になります。

 これがうまく回路を伝わらないと、自分の思う通りに体を動かすことができないのです。言われたことをできる子とできない子の違いは、この『インプット』『アウトプット』がうまくいっているか、いっていないかという部分になります。できないのは、子供の力がないとかではありません。頭の中にイメージがないことはできないですよね」

――そこを鍛えなければ、いけないのは何故でしょう。

「神経系を発達させて合理的な動きができないと、元来、体が持っている力を十分に発揮できないんです。逆に、それを発揮できるようにしてあげれば、ある程度のパワーは出せるはずです。根本的なパワーはアメリカ人などに比べれば、どうしても落ちますが、それ以上に、パワーを発揮する体の使い方が身についていないのです。それができていれば、自然といい球を投げることが出来ますし、いいバッティング、ボールを遠くへ飛ばすこともできるようになります」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集