[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

被災地から日の丸へ― 元バスケ日本代表戦士が故郷で果たした“夢の出会い”

「松川スポーツ少年団ミニバスケットボール部」に直接指導を行った渡邉拓馬氏【写真:村上正広】

「それが努力とも思わなかった」―子供たちに明かした“成長の軌跡”

 会場からほど近い、蓬来町出身の渡邉氏。「すぐ近くの蓬莱東小から日本代表になったり、海外の試合に行ったりした経験を少しでも伝えたい」と思いを込め、この日は現役時代に実際に使っていた練習メニューでドリブル、オフェンスの動きなどを細かく指導した。お手本で演じたシュート練習では10本以上ノーミスで成功。元トップ選手の技術力に思わず、どよめきが漏れた。

 約2時間にわたる指導を終え、設けられたのはトークコーナーだ。福島から日本代表に羽ばたいていくまでの過程を、秘話を交えて披露した。

 生徒たちと同じ小学校時代を振り返り、渡邉氏は「バスケしかやってこなかった。休みの日も体育館に行ってずっと練習。でも、バスケが遊びみたいだったから」と回想。武器だった正確なシュートを生んだ要因は「高校時代、4時から7時は全体練習。その後は7~10時まで一人でシュート練習をやっていた」と明かした。

「壁にボールを当ててパスに見立てた。でも、それが努力とも思わなかった。うまくなるためにやっていただけのことだから」と成長の軌跡を語りかけた。さらに、生徒からの質問コーナーでは「尊敬するプレーヤーは誰ですか」「田臥選手の凄いところはどこですか」など、子供たちから次々と手が挙がり、交流した。

 そして、イベントの締めくくりは「夢宣言」だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集