[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楽しみながら考える力を… 元バスケ日本代表が故郷・福島で伝えた成長のカギ

渡邉拓馬氏と参加した子どもたち【写真:村上正広】
渡邉拓馬氏と参加した子どもたち【写真:村上正広】

渡邉氏「サポートしてくれる人に感謝しながら、普段の生活からポジティブに」

「東北『夢』応援プログラム」は、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた、年間を通して子供たちの夢や目標を応援するプログラムだ。「夢応援マイスター」を務めるアスリートや元アスリートが、参加する子供たちがそれぞれに掲げる半年後、あるいは1年後の目標に向かって、遠隔指導ツールでサポート。1日限りのイベントで子供たちとの交流を終えるのではなく、離れた場所でも動画やSNSを通じて継続したプライベートレッスンが受けられるという画期的な試みだ。

 楽しい時間ほど、あっという間に過ぎてしまう。クリニックを終えると、遠隔指導に参加する10人の子どもたちが夢達成ノートに「わたしの将来の夢」「未来のわたしの町をどうしたい?」「半年後の約束」を記入し、渡邉氏の前で元気に発表した。「将来の夢」として「プロバスケット選手」をあげたのは1人だったが、「学校の先生」「人の役に立てる人」「美容師」「科学者」など、それぞれ未来に向かって大きな夢を膨らませた。同時に「半年後の約束」に掲げたのは、「ドリブルを強くしたい」「たくさん試合に出て優勝すること」「足を動かして緩急をつけたプレーをすること」など具体的な目標ばかり。渡邉氏は、目標を立て、それに向かって努力する大切さに触れ、子どもたちに「お父さんやお母さん、コーチなどサポートしてくれる人に感謝しながら、普段の生活からポジティブに楽しみながら半年頑張りましょう!」とエールを送った。

 半年という短い期間ではあるが、ここから遠隔指導ツールを通じた渡邉氏と子どもたちの交流が始まる。来年3月の成果発表を迎える頃には、福島という土地が繋いだ縁は太く確かなものとなっているだろう。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集