[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

soccer 記事一覧

  • 中村俊輔や大谷翔平も苦しむ足首痛 育成年代での心がけでリスク回避も

    2017.02.12

    日本ハムの大谷翔平投手が右足首の故障で3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を欠場することが発表された。「三角骨」の故障は、サッカー選手やバレーダンサー、体操の選手などに多く見られる“職業病”でもあるという。サッカー元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)もかつて三角骨の障害で摘出手術を受けたが、同選手の専属トレーナーを務める入船しんもり鍼灸整骨院の新盛淳司院長は幼少期のケアが後々の故障の引き金になると分析している。

  • アジア最弱国を変えた名指導者 “日本サッカーの父”が語る「本当の価値」

    2017.02.11

    「預言者は故郷に入れられぬ」-デットマール・クラマー “日本サッカーの父”と呼ばれるデットマール・クラマー氏には、2度の本当に長いインタビューを行った。最初はミュンヘンの心臓外科病院で、2度目はクラマー氏の自宅を訪ねた。3階の蔵書には日本関連のものが目につき、2階の1室はサッカーのビデオで埋まっていた。

  • 「僕らには責務がある」― 日本サッカーの礎築いた故・岡野俊一郎氏の言葉

    2017.02.05

    「サッカーにコートはありません。僕らには、用語を正しく伝えていく責務がある」―岡野俊一郎

  • 選手権初優勝を飾った青森山田の新たな取り組み “鍵”となった「入浴」

    2017.01.10

    第95回全国高校サッカー選手権で初優勝を成し遂げた青森山田高校。JリーグFC東京内定のGK廣末陸、ジェフ千葉内定のMF高橋壱晟ら個人能力の高い選手たちが各ポジションで躍動したが、見逃せないポイントは短期決戦の中で負傷離脱者が出なかった点だ。コンディショニング面でもチームは非常に気を使っていた。

  • 3戦連続ゴールでベスト4に牽引 青森山田3年生FWが取り組んだ“肉体改造”

    2017.01.06

    現在熱戦が繰り広げられている第95回全国高校サッカー選手権で、青森山田(青森)は2大会連続となるベスト4進出を果たした。今大会で好調をキープしているのは3試合連続ゴールのFW鳴海彰人だ。5日の準々決勝・正智深谷(埼玉)戦で貴重な先制点を決めたストライカーは、自分のコンディションを見極めながら肉体を作り上げていた。

  • 元サッカー五輪代表監督が語る「勝つためのチーム論」 捨てるべき考え方とは

    2016.12.29

    「サッカーの勝敗の行方はチームの団結力が物をいう。チームには“スタメンとサブ”はあっても“レギュラーとサブ”という考え方はあってはいけない。そして、選手、スタッフの一人一人がチームのことを考え、自分の役割を全う出来るか否かが、勝敗のカギを握る」 これまで1996年から3大会連続でオリンピック代表チームのコーチ、監督を務めたほか、ユース代表やジュビロ磐田の監督も歴任した山本昌邦氏が高校生に向けて「勝つためのチーム論」を講じた。

  • トップアスリートにも普及 長友佑都がヨガにハマった理由とは

    2016.12.28

    2016年12月、サッカーの長友佑都(インテル)が、自身が実践するヨガのハウツーを一冊にまとめた『長友佑都のヨガ友』(飛鳥新社)を出版。27日、出版会見に集まったメディアの前で、肩甲骨回りをほぐすポーズを披露した。

  • 中田英寿、中村俊輔ら指導 元日本五輪監督が語る一流選手の共通点

    2016.12.27

    「過去“天才”と言われる選手を何百人と観てきた。しかし、技術、戦術、体力、すべてが10点でも気持ちが0では10×10×10×0=0の選手になってしまう。ミスすれば他の選手や審判のせいにする、自分が苦しくなると諦めるようなメンタルの持ち主では、いくら才能があっても一流になれない」 そう語る山本氏は、高校までは無名に近く、指定校推薦で入学した大学のサッカー部でFC東京の目に止まった長友、Jリーグ下部組織で力を認められなかった時期を経て、小学生時代からの夢だったセリエAでのプレーを実現させた本田の名を挙げた。

  • 山本昌邦氏が高校生に伝えた「最も大切なこと」 一流選手の共通点とは?

    2016.12.15

    サッカー元ユース代表及び五輪代表監督の山本昌邦氏が12月14日に鳥取県米子市の学校法人翔英学園米子北高等学校を訪問。自らの指導経験を元に、全校生徒に力強いエールを送った。

  • 【PR】プロチームも手掛ける栄養アドバイザーが解説、体調管理に有効な“秘密兵器”

    2016.11.04

    乾燥した空気にさらされ、身に染みる寒さが続く冬は体調管理も難しい季節。屈強な体を持つスポーツ選手にとっても同様で、「特に季節の変わり目は体調を崩しやすいため、細心の注意が必要」と、Jリーグの横浜F・マリノスやラグビートップリーグのパナソニック ワイルドナイツなどの栄養アドバイザーを務める橋本玲子さんは語る。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー