[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

golf トレーニング 記事一覧

  • 中村俊輔や大谷翔平も苦しむ足首痛 育成年代での心がけでリスク回避も

    2017.02.12

    日本ハムの大谷翔平投手が右足首の故障で3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を欠場することが発表された。「三角骨」の故障は、サッカー選手やバレーダンサー、体操の選手などに多く見られる“職業病”でもあるという。サッカー元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)もかつて三角骨の障害で摘出手術を受けたが、同選手の専属トレーナーを務める入船しんもり鍼灸整骨院の新盛淳司院長は幼少期のケアが後々の故障の引き金になると分析している。

  • 「2000枚写真を撮った」充実のオフ過ごしたイ・ボミが米合宿で見据えること

    2017.01.17

    2年連続賞金女王のイ・ボミがついに米ツアー合宿に向けて、15日に韓国の仁川空港を飛び立った。例年通り、アメリカ・カリフォルニア州のパームスプリングで約5週間の合宿を敢行する。いよいよ本格的な合宿に突入するわけだが、イ・ボミにとってここまでのオフはとても充実したものだったようだ。

  • 「技術」より「メンタル&体力」優先? 韓国ゴルフ界に見る強化方針とは

    2016.11.22

    ゴルフはメンタルスポーツとよく言われる。それだけに韓国でも、メンタルを鍛えるトレーニングが重要視されている。韓国の“国家代表”選手たちも、毎冬に行われる冬季合宿で「メンタルと体力を鍛えたい」と考えているという。

  • 猛威振るう韓国女子ゴルファー エリート生み出す「62+12」システムとは

    2016.11.07

    数十年前まで、海外でプレーする韓国人プレーヤーは多くなかった。韓国ゴルフが台頭し始めたのは2000年代からで、その原動力となっているのがアマチュアの“国家代表”(日本ゴルフ協会が選抜するナショナルチーム)選抜システムである。

  • 【ゴルフ】日本人“ツヨカワ”女子プロの筆頭候補、香妻琴乃が狙うものとは?

    2016.10.26

    かつて日本の男子ツアーでは石川遼の人気に火がついて盛り上がったが、女子ツアーでも日本人のスタープレーヤーの誕生が待たれている。だが、“ツヨカワ”女子プロが存在しないのが現実だ。しかし、その候補となる選手はたくさんいる。その中でも香妻琴乃は筆頭候補と言って良いだろう。彼女が勝てば、ブレイク必至だ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー