[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBとNFLからドラ1指名も マルチな“二刀流選手”を生み出す、米国の部活システム

最近は早くから一種目に絞る傾向も

 ただし、米国でも、最近では万能選手が減りつつあり、一種目に絞る傾向にある。トライアウトの競争の激しい学校運動部や、さらに強豪大学進学やプロを狙う生徒は、学校運動部のシーズンが終了すると、同じ種目を学校外の民間チームで行い、通年で同じ種目をするようになっている。例えば、秋には学校のサッカー部に所属するが、秋のシーズンが終われば、冬、春、夏は民間のクラブチームでサッカーを続ける生徒が増えてきている。野球なども同様だ。

 ジム・ソープぐらい飛び抜けていれば、1年のうち3か月の活動でも、他の選手に勝てる。大谷翔平だから、メジャーリーグでも投打にわたって素晴らしいパフォーマンスができる。しかし、メジャーリーグでもどちらかに集中しなければ、生き残ることのできない選手のほうが圧倒的に多いのが現実。さらに上を目指し、競争を勝ち抜くためには、学校運動部の3か月の活動だけでは足りない。

 けれども、少年期から特定の種目に限定して活動することは、同じ動きを繰り返すことになるため、オーバーユースのリスクが高まると言われている。そういった背景もあり、米国では改めてマルチ・スポーツが推奨されている。

(谷口 輝世子 / Kiyoko Taniguchi)

1 2 3

谷口 輝世子

デイリースポーツ紙で日本のプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移しメジャーリーグを担当。2001年からフリーランスのスポーツライターに。現地に住んでいるからこそ見えてくる米国のプロスポーツ、学生スポーツ、子どものスポーツ事情を深く取材。近著に『なぜ、子どものスポーツを見ていると力が入るのか――米国発スポーツ・ペアレンティングのすすめ』(生活書院)ほか、『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)分担執筆『運動部活動の理論と実践』(大修館書店)。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集