[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

猛暑の1日3レースで女子400m夏の高校日本一 西京・児島柚月「たくさん氷を当てて…」

陸上の全国高校総体(インターハイ)第1日は3日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで行われ、女子400メートル決勝では西京(京都)の児島柚月(3年)が54秒04で優勝した。園田(兵庫)の中尾柚希(3年)が55秒20で2位、大宮東(埼玉)の山内そよ(3年)が55秒26で3位だった。

女子400メートルを制した西京・児島柚月【写真:荒川祐史】
女子400メートルを制した西京・児島柚月【写真:荒川祐史】

インターハイ陸上女子400m決勝

 陸上の全国高校総体(インターハイ)第1日は3日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで行われ、女子400メートル決勝では西京(京都)の児島柚月(3年)が54秒04で優勝した。園田(兵庫)の中尾柚希(3年)が55秒20で2位、大宮東(埼玉)の山内そよ(3年)が55秒26で3位だった。

「プレッシャーに負けたら、自分に負ける」

 児島は自分にそう言い聞かせ、スタートラインに立った。「どうせ走るなら、がちがちに緊張するより楽しんで走った方がいい」。その言葉通り、リラックスした大きなストライドで2位以下に1秒以上の差をつけ、54秒04で優勝。今大会最初の決勝種目で夏の日本一の称号を掴んだ。

「タイムに満足はいかないけど、その分、結果に満足せず、次につながる意味のあるレースになった」と振り返った。

 西京の陸上部員として400メートルにはこだわりがあった。「西京の400メートルは伝統ある種目。過去に(インターハイで)優勝したり、入賞したりした先輩が応援に来てくれて、一緒に練習してくれる」。そんな先輩たちに報いる優勝を届けられたことが嬉しかった。

 30度を超える猛暑で予選、準決勝を含め、1日3レースをこなした。「たくさん氷を体に当てたり、アイシングしたり、自分一人でできないことも周りがサポートしてくれた。極力、暑いところにはいないようにして、汗をかかないようにした」と工夫も忘れず、結果につなげた。

 近畿大会で個人スプリント3冠だった児島は100、200メートルも出場予定。「自分の納得いくレースを作れれば、記録も成績もついてくる」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集