[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「限界を超えれば、次の限界が見える」 宮崎大輔が高校生に授けた“明日を生きる力”

ハンドボール日本代表の宮崎大輔(日体大)が28日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する企画に登場した39歳のトップ選手は、インターハイ中止という経験から前を向く全国のハンドボール部を対象に授業を行い、“明日を生きる力”を授けた。

ハンドボール界の第一人者として、自らの経験を基に“明日を生きる力”を授けた宮崎大輔【写真:編集部】
ハンドボール界の第一人者として、自らの経験を基に“明日を生きる力”を授けた宮崎大輔【写真:編集部】

ハンドボール界の第一人者が「オンラインエール授業」で“夢授業”

 ハンドボール日本代表の宮崎大輔(日体大)が28日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する企画に登場した39歳のトップ選手は、インターハイ中止という経験から前を向く全国のハンドボール部を対象に授業を行い、“明日を生きる力”を授けた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 宮崎が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に講師を務めてきた。

 第19回に登場したのが、ハンドボール界の第一人者だ。大分の大分電波高出身の宮崎。冒頭で明かしたのは「39年の人生で一番キツかった」という高校3年間の思い出だった。当時は午前7時から練習を行い、8時から午後3時15分まで授業。3時30分から始まる練習は最短で9時、最長で日付を越えて午前1時になることもあった。「それが364日でしたから」と苦笑いで振り返る。

「全国優勝したい。そこに向けて頑張っていたから、辞めることなく3年間続けられた」。血の滲むような練習で才能を磨いた宮崎は3年夏のインターハイで得点王となるなど、目標だった日本一も達成した。当時は高校でハンドボールを引退し、「家庭を助けなきゃいけない」と就職を考えていたが、日体大の誘いがあって翻意。母の後押しもあり、競技を続けることを決めた。

 以来、輝かしいキャリアを築いてきた。進学後は2年連続大学日本一を経験。在学中に強豪スペインに留学し、帰国後は日本リーグの大崎電器で長年活躍した。最高殊勲選手賞、ベストセブン賞6度、得点王4度など数々のタイトルを獲得。一時は再びスペインに移籍し、押しも押されもしないハンドボール界のスターとなったが、高校時代の経験が礎になっている。

「あの時のキツさに比べたら、今は何でもできてしまう。それくらいキツかった。だから今、皆さんもいろいろとやった方がいいと思う。そういう経験が後々に生きてくるから。僕もあの時にやっていた走り込み、シュート、それにジャンプ力は高校時代が一番高くて(ベースとして)残っている。高校時代にやったことが生きてくるので、今やっていることを大切にしてほしい」

 日本リーグ前人未踏の900得点を記録している39歳にとっても、あの3年間は特別で忘れられないものだったという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集