[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、米国は公立中学・高校でもアメフト部ヘッドコーチの指導者報酬が一番高いのか

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「公立中学・高校でも、アメフト部ヘッドコーチの指導者報酬が一番高い理由」について。

公立中学・高校でも、アメフト部HCの指導者報酬が一番高い理由とは【写真:Getty Images】
公立中学・高校でも、アメフト部HCの指導者報酬が一番高い理由とは【写真:Getty Images】

連載「Sports From USA」―大学は学長クラス、アメフト部HCの報酬が一番高い米国

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「公立中学・高校でも、アメフト部ヘッドコーチの指導者報酬が一番高い理由」について。

 ◇ ◇ ◇

 米国の大学では、アメリカンフットボール部のヘッドコーチが巨額な報酬を得ている。授業を受け持つ教授陣の年俸よりも高く、学長クラスか、それ以上のケースも珍しくない。100年も前から、同じような傾向にある。

 強豪の大学アメフト部のコーチが高額である理由は、チームが勝つことで観客動員が増え収益が上げられること、チームの好成績によって大学の知名度が上がり、入学者増、寄付金増を期待できるからだと言われている。それに、実績のある有名なコーチを招へいするには、他校との争奪戦にもなり、金額もつり上がっていく。監督側からすれば、教授らとは違い、チームを勝利に導かなければ、すぐにクビになるので、ハイリスク、ハイリターンは当然と言えるかもしれない。

「THE ANSWER」の連載で、昨年10月30日に発表した記事のなかで、米国では公立中学や高校の運動部のコーチをする教員に報酬が支払われていることをレポートした。1シーズン(3~4か月)あたり5000ドル~6000ドルが相場で、教員年俸の1割程度になっている学校区が多い。

 実際には、運動部の種目や、ヘッドコーチか、アシスタントコーチかによって、報酬額が少しずつ異なる。

 公立の高校や中学でも、アメリカンフットボール部のヘッドコーチの報酬が、最も高いのだ。米国は高校の運動部の試合でも入場料を徴収するから、お客さんが入るアメフト部のコーチの報酬は高額になるのか? 勝たなければクビになるからか?

 種明かしをすれば、最も労働時間が長い、負担が大きいことなどがその理由だ。

 前述したように、公立の中学校や高校の教員が、時間外の仕事として運動部指導をするときには、時間外労働としての報酬が支払われる。

 生徒たちの課外活動は、運動部活動だけではなく、文化部活動もある。それ以外にも卒業アルバム製作といった生徒の課外活動などは、運動部活動よりも、活動期間が短く、他校へ出かけていく、試合会場へ出かけていくことも少なく、顧問をする教員の負担もそれほど重くない。

1 2

谷口 輝世子

デイリースポーツ紙で日本のプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移しメジャーリーグを担当。2001年からフリーランスのスポーツライターに。現地に住んでいるからこそ見えてくる米国のプロスポーツ、学生スポーツ、子どものスポーツ事情を深く取材。著書『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)分担執筆『運動部活動の理論と実践』(大修館書店)。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集