[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高梨沙羅、涙の失格後に飛んだ2本目に前ドイツ監督は憤り「これは本当に気の毒だ」

北京五輪は7日、新種目のノルディックスキージャンプ混合団体(出場10チーム)が行われ、計4か国5人がスーツ規定違反で失格に。最初に失格となったのが、日本の高梨沙羅(クラレ)だった。そのわずか50分後に2本目で98.5メートルを飛び、意地を見せたが、前ドイツ代表ヘッドコーチ(HC)の解説者は「これは本当に気の毒だ」と同情している。

1本目のジャンプが失格となり涙を浮かべる高梨沙羅【写真:Getty Images】
1本目のジャンプが失格となり涙を浮かべる高梨沙羅【写真:Getty Images】

ユーロスポーツ解説者のシュスター氏も高梨に同情

 北京五輪は7日、新種目のノルディックスキージャンプ混合団体(出場10チーム)が行われ、計4か国5人がスーツ規定違反で失格に。最初に失格となったのが、日本の高梨沙羅(クラレ)だった。そのわずか50分後に2本目で98.5メートルを飛び、意地を見せたが、前ドイツ代表ヘッドコーチ(HC)の解説者は「これは本当に気の毒だ」と同情している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 欧州衛星放送「ユーロスポーツ」ドイツ語版は「サラ・タカナシ、混合団体で失格もあと一歩で銅メダル」と失格のハプニングがありながら日本が4位に食い込んだことを報じた。「トップジャンパーのサラ・タカナシにとって五輪初の混合団体はジェットコースターのようなものになった」とし、同局解説者で前ドイツ代表男子HCのヴェルナー・シュスター氏のコメントを紹介している。

「これは本当に気の毒だ。かわいそうなことに人の目を避けることもできず、もう一回飛ばなければならなかった。もはや人の道に反している」と指摘し、記事でも「タカナシが涙を流すのも当然だとした」と紹介。高梨は1本目で103.0メートルを飛んだ後で違反が判明し、その後、座り込みショックを隠せない様子も中継された。1本目からおよそ50分後の2本目で98.5メートルを飛んだ。

 記事では、その後の展開にも言及。一度はメダル圏外に脱落しながら、ドイツ、ノルウェー、オーストリアにも失格者が出たことで、わずかに銅メダルの可能性が残った。「しかし、マッケンジー・ボイズクラウドがカナダの劇的なメダルを死守。個人金メダリスト、リョウユウ・コバヤシのセンセーショナルな106メートルのジャンプも及ばず、タカナシにハッピーエンドは訪れなかった」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集